JS・PHPなどで、正規表現チェッカーの利用

Webプログラミングで、良く正規表現を使って
データのパターンで検索して云々する処理が結構あります。

正規表現の記述に慣れてくると、空でかけるのですが
以前は、たまにこみ入ったものは、テストでスクリプトを書いて
試していました。また、JSとPHPでは動きが微妙に違うので
その辺でよく間違えていましたが、現在よく使っている

PHP: preg_match() / JavaScript: match() 正規表現チェッカー ver3.1」なる

ウエブサービスを利用して、ここでいろいろ試してから
自分のプログラムに実装をしています。

画面の「正規表現」と言うところに、正規表現文字列を書き込み

その下に、チェックする文字列を入力した後、「チェック」ボタンを押すだけ!

利用した例を、下記に示します。

正規表現文字列にデータがヒットすれば、その結果がPHPのパターンと
JSのパターンで、分けて表示されます。

大変便利なので、ご紹介させて頂きました。


#php
#js
#jQuery


コメント

このブログの人気の投稿

MACでVPNサーバを構築(VPN Activator)

jQuery Plugin fullCalendarについてのメモ

Apple Remote Desktopで、自宅MACを遠隔操作