Keycardで、MACのスクリーンロック

MACを使っていて、席を離れるときいつもはログアウトしていましたが
Keycardというソフトで、スクリーンを自動ロックできてしまうというソフトのご紹介です。

必要な物は、KeycardというMACのApp.と、iPhone です。

iPhone が必要な理由は、iPhoneがMACから遠ざかると
MACのスクリーンがロックする仕組みなのです。

KeyCardは、MAC App Storeで、現在600円で販売していますので
ぽっちっと、購入して下さい。

Screenshot 30 

ソフトの設定前に、まずはiPhoneとMACをBluetoothで繋ぐ必要があります。

MACの緩急設定から、Bluetoothを選び、iPhoneとペアリングして下さい。
(iPhoneとのペアリングがわからない方は、ググってください。すぐに見つけられます)

ソフトの設定は至って簡単です。

 Screenshot 33

上の「4 Digit Code」に好きな4桁の数字をいれてください。

これは、画面がロックされているのを手動で解除する際の
パスコードになります。

たまに、iPhoneは近くにあるがロックしてしまうときがありますので
このパスコードでロック解除します。

Screenshot 34

 

あとは、その下の「Add a new device」をクリックして
先ほどペアリングしたiPhoneを認識させてください。

認識すると、ボタンの左側に、認識したiPhoneの名前が表示され、アイコンの真ん中がミドリにかわります

これで、設定が終わりました。

 

動作確認は、iPhone を遠くへ持って行って、画面がロックするかを確認します。

そのご、iPhoneをMACのそばに近づけるとロック解除するかを確認。

本当に便利なソフトです。

 

コメント

このブログの人気の投稿

MACでVPNサーバを構築(VPN Activator)

jQuery Plugin fullCalendarについてのメモ

Apple Remote Desktopで、自宅MACを遠隔操作