2012年4月30日月曜日

HyperMac Charging Cable for MacBook Air


先日注文した、HyperJuice100Wh をMacBook Airに接続するために
通常は、MagSafe Airline電源アダプタなる物が必要になるそうです。

appleストアーのページで純正品を確認したら、5800円(送料無料)だったけど
ちょっと高い気がして中古のものをヤフオクから購入しました。3000円程度

これを、HiperJuiceのoutputに接続したAuto/Airlineアダプタ(HyperJuice付属)に接続して
MACのMagSafe電源コネクタに接続すれば、HyperJuiceから電源が「給電」する仕組みらしいです。

いろいろブログを見て、知ったのですが

このやり方だと、「給電」はできても「充電」はできないそうです。

本体電源がなくなったあと、HypeJuiceと接続するのはいいのですが
「給電」だと、使っている間はHypeJuiceをつなぎっぱなしにしないといけないので
なんか、スマートさにかけるなと思いました。
なんとか「充電」はできないものか、WEBを探索・・・。

そうすると、「HyperMac Charging Cable for MacBook Air」なるものが
存在するということがわかり、これであれば、「充電」が出来るようです。 但し、現在はアップルの特許の都合上、現在販売されておらず
サイトからは、購入できない状況になっているようです。

<ハイパーショップ>
http://www.hypershop.com/HyperMac-Charging-Cable-for-MacBook-Air-p/mbp-air.htm

MBP AIR 2T
さらに、WEBを探索・・・。

そうすると、他のメーカーで
それっぽいコードが発売されていることがわかりました。
アメリカのBixPowerという会社のもので、汎用のDCコードの先にとりつけるタイプです。
いくらするのか、買い物籠に入れてみました。

LittleSnapper
US$で送料(First Class Mail)込みで、$26.48(日本円で、2,126円)だそうです。

思わずそのまま買いそうになりましたが、もっと何かないか またWEB探索・・・。

そうすると、自作をしている方のページを発見!。
なんと、電源アダプタのコードを途中で切って、切った先にDCプラグを半田付けする方法です。
結構簡単そうですが、別途電源コードを用意する必要があります。

米eBayにリペア用のコードも売っているそうですので、そちらを購入した方がいいかもしれません。
US$15.50ぐらいで売っています。
$ KGrHqUOKm4E5BdJF4qtBOVUigb pw~~48 3
あと、DCプラグはヤフオクとかで1コ120円送料(送料100円)とかで売っていますので
「DCプラグ 2.5 5.5」とかで検索すると、ヒットすると思います。

Freelab shop img600x476 12988137521uxtbn81147

いろいろ思案して、自作するか、購入するか検討したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿