2012年4月30日月曜日

HyperMac Charging Cable for MacBook Air


先日注文した、HyperJuice100Wh をMacBook Airに接続するために
通常は、MagSafe Airline電源アダプタなる物が必要になるそうです。

appleストアーのページで純正品を確認したら、5800円(送料無料)だったけど
ちょっと高い気がして中古のものをヤフオクから購入しました。3000円程度

これを、HiperJuiceのoutputに接続したAuto/Airlineアダプタ(HyperJuice付属)に接続して
MACのMagSafe電源コネクタに接続すれば、HyperJuiceから電源が「給電」する仕組みらしいです。

いろいろブログを見て、知ったのですが

このやり方だと、「給電」はできても「充電」はできないそうです。

本体電源がなくなったあと、HypeJuiceと接続するのはいいのですが
「給電」だと、使っている間はHypeJuiceをつなぎっぱなしにしないといけないので
なんか、スマートさにかけるなと思いました。
なんとか「充電」はできないものか、WEBを探索・・・。

そうすると、「HyperMac Charging Cable for MacBook Air」なるものが
存在するということがわかり、これであれば、「充電」が出来るようです。 但し、現在はアップルの特許の都合上、現在販売されておらず
サイトからは、購入できない状況になっているようです。

<ハイパーショップ>
http://www.hypershop.com/HyperMac-Charging-Cable-for-MacBook-Air-p/mbp-air.htm

MBP AIR 2T
さらに、WEBを探索・・・。

そうすると、他のメーカーで
それっぽいコードが発売されていることがわかりました。
アメリカのBixPowerという会社のもので、汎用のDCコードの先にとりつけるタイプです。
いくらするのか、買い物籠に入れてみました。

LittleSnapper
US$で送料(First Class Mail)込みで、$26.48(日本円で、2,126円)だそうです。

思わずそのまま買いそうになりましたが、もっと何かないか またWEB探索・・・。

そうすると、自作をしている方のページを発見!。
なんと、電源アダプタのコードを途中で切って、切った先にDCプラグを半田付けする方法です。
結構簡単そうですが、別途電源コードを用意する必要があります。

米eBayにリペア用のコードも売っているそうですので、そちらを購入した方がいいかもしれません。
US$15.50ぐらいで売っています。
$ KGrHqUOKm4E5BdJF4qtBOVUigb pw~~48 3
あと、DCプラグはヤフオクとかで1コ120円送料(送料100円)とかで売っていますので
「DCプラグ 2.5 5.5」とかで検索すると、ヒットすると思います。

Freelab shop img600x476 12988137521uxtbn81147

いろいろ思案して、自作するか、購入するか検討したいと思います。

2012年4月27日金曜日

HyperJuice 100 Wh (MBP-100) 注文しました


MACBOOK AIR 11を外で使うにあたり
いつも電源と、ネット接続の心配をしています。
たいがい、電源とネット接続ができるカフェとかマックに行って作業することが
多いのですが、どうしてもそのような場所がない場合困ってしまいます。
なので、今回
電源の心配をなくすために、HyperjuiceというMAC専用の外部電池を注文しました。
どこで、購入するか迷った結果、一番安いアメリカの本家より購入することに決定!
HyperShop
http://www.hypershop.com/
上記サイトにいき、HyperJuice 100 Wh をポチりました。

60Whと100Whのどちらにするか迷いましたが
ACT2さんのホームページで、バッテリー容量比較を見て
Air 11モデルで60Whの場合、1.7倍 100Whの場合、2.9倍と
かなりの容量の差が あり、モバイルで持ち運べるギリのサイズということで
これに決めました。
海外からの購入なので、到着まで数週間かかるかもしれません。
到着次第レポートしたいと思います。

2012年4月14日土曜日

EyeTVの番組ガイド取得 gettv(20120414001) 公開します

EyeTVの番組ガイド取得 gettv(20120414001) 公開します

mc2xmlが使えなくなり(*1)、自力でwebの番組表からデータをGETして
設定するスクリプトを公開します。
ご利用につきましては、下記の事項に同意いただいた方のみ
ご利用ください。

(*1)現在復旧しているようです。


★スクリプト利用にあたっての、同意事項

●gettv(以降、本スクリプト)は、EyeTV 3(*1)ソフトウエアにて、番組ガイドの表示のためのxmlを生成する為の物です。その他ソフト向けには対応しません。
●本スクリプトは、webザテレビジョン(*2)の番組情報をソースとして、データを生成しています。webザテレビジョンのwebページの構成が改変された場合、データ取得がうまく機能しなくなる恐れがありますので、ご了承ください。
●本スクリプトを改変した場合、サポート対象外とさせていただきます。改変されて使用される場合は、自己責任にてご利用ください。
●本スクリプトの2次配布は不可とします。許可無く、WEBなどで公開することはおやめください。
●本スクリプトを利用しての、あらゆるトラブルが発生した場合、責任を負いかねます。
●一通りのテストはしていますが、実行に際してバグがあるかもしれません。不具合等がありましたらご連絡ください。
●バグ改修については、出来る限り対応しますが、お時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。


*1---elgato社の製品です。http://www.elgato.com/elgato/na/mainmenu/products/software-apps.en.html
*2---webザテレビジョンは、株式会社角川マガジンズが運営するテレビ番組表を公開するサイトです http://www.television.co.jp/


上記を同意した上で、本スクリプトをご利用ください。


★動作環境
・パソコン:MAC OSX 10.6以上
・インターネット環境必須
・phpコマンドライン(CLI)バージョン (Ver 5)


★動作環境構築

1)本スクリプトは、phpコマンドライン版(CLI)で動くように作成されています。
すでに、PHPがインストールされている場合は、3)へ。

phpで、curlライブラリを使っていますので、phpソースからコンパイルされる方は、必ずcurlライブラリをコンパイル時に指定してください。
phpの自力設定が難しい場合は、MAMPアプリのインストールで、phpを構成されることをおすすめします。

MANPで、php環境を構成する場合以下のサイトから、MAMPアプリをダウンロードして
インストールしてください。(無料)

http://www.mamp.info/en/index.html

インストールすることで、Apach,php,MySql,SQLiteなどの、WEB環境が構成されます。
インストール後、MANPの起動は不要です。
これにより、php(CLI)がインストールされます。


2)phpコマンドライン版がインストールされたかを確認します。

MACアプリで、ユーティリティーのターミナルを開き
以下のコマンドを、実行します。

php -v

インストールがされていれば、以下のような結果が表示されます。

PHP 5.3.8 with Suhosin-Patch (cli) (built: Nov 15 2011 15:33:15) 
Copyright (c) 1997-2011 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2011 Zend Technologies

3)phpインストールパス確認

MACアプリで、ユーティリティーのターミナルを開き
以下のコマンドを、実行します。

which php

phpがインストールされている、パスが表示されます。

/usr/bin/php

※もし、上記のパスと同じでない場合は、gettvスクリプト内のphpコマンドライパスを書き換える必要があります。
#!/usr/bin/php -q ←この部分のパスを、自分の環境に合わせる


★インストール

1)下記からスクリプトをダウンロードし、展開します

http://www.4shared.com/zip/grjL0b5i/gettv20120414001.html

(md5ハッシュ値)
MD5 (gettv20120414001.zip) = 4d2f0eb0b7ccee79f5830b1001c3660f

<内容>
gettv → phpコマンドラインスクリプト
chget.sh → 実行用シェルスクリプト(サンプル)

2)設置場所
デフォルトの設置場所は、書類フォルダー(Documents)内に、ch2 というフォルダーを生成して
その中に、2つのファイルをコピーします。
もし、この場所以外に設置した場合は、chget.shのパスの変更が必要になります。

3)スクリプトの実行権限を与える

MACアプリで、ユーティリティーのターミナルを開き
以下のコマンドを、実行します。

cd ~/Documents/ch2
chmod 755 ./gettv
chmod 755 ./chget.sh


★動作確認

MACアプリで、ユーティリティーのターミナルを開き
以下のコマンドを、実行します。

cd ~/Documents/ch2
./gettv

これで、パラメータ問い合わせモードでの実行になります。
まずは、地域の問い合わせがきます

<地域コード>
[1] => 北海道
[2] => 青森
[3] => 秋田
[4] => 岩手
[5] => 山形
[6] => 宮城
[7] => 福島
[8] => 茨城
[9] => 千葉
[10] => 新潟
[11] => 栃木
[12] => 埼玉
[13] => 東京
[14] => 群馬
[15] => 山梨
[16] => 神奈川
[17] => 富山
[18] => 長野
[19] => 静岡
[20] => 石川
[21] => 岐阜
[22] => 愛知
[23] => 福井
[24] => 滋賀
[25] => 奈良
[26] => 三重
[27] => 京都
[28] => 大阪
[29] => 和歌山
[30] => 兵庫
[31] => 鳥取
[32] => 島根
[33] => 岡山
[34] => 広島
[35] => 山口
[36] => 香川
[37] => 徳島
[38] => 愛媛
[39] => 高知
[40] => 福岡
[41] => 大分
[42] => 宮崎
[43] => 鹿児島
[44] => 佐賀
[45] => 長崎
[46] => 熊本
[47] => 沖縄
地域を番号で入力してください:

ご自分の地域の番号を入力します。
私簿場合、福岡ですので 40 を入力してリターンキーを押します。

次は、種別の問い合わせがきます。

<種別>
[1] => tv
[2] => bs
[3] => cs
種別を番号で入力してください: 

地デジの場合→tv
BSの場合→bs
CSの場合→cs

を入力してリターンキーを押します。

次は、チャンネルの問い合わせがきます。

<チャンネル>
[1187] => NHK総合
[1287] => NHKEテレ
[1770] => 九州朝日放送
[1570] => RKB
[1470] => 福岡放送
[1870] => TVQ九州
[1670] => テレビ西日本
チャンネルを番号で入力してください: 

取得したいチャンネルの番号を入力します。
「九州朝日放送」を取得する場合は、1770 と入力してリターンキーを押します。

次は、チャンネルのAlias(別名)を付与します。

<チャンネルAlias>
チャンネルのAlias(別名)を数字で入力してください(省略可)[1770]:

EyeTVで設定している、チャンネルの番号を入力します。
「九州朝日放送」は1チャンネルに設定しているので、 1 を入力してリターンキーを押します。

次は、局名のAlias(別名)を付与します。

<局名Alias>
局名のAlias(別名)を入力してください(省略可)[九州朝日放送]: 

EyeTVで設定している、局名の名称を入力します。
「九州朝日放送」は「KBC」(全角)に設定しているので、 KBC を入力してリターンキーを押します。
※テレビ王国での、iEPGでの定義にしたほうがいいです。

番組表の取得が開始されます。

九州朝日放送 の番組表を取得します。
  4%

パーセンテージが

*end 

になったら、取得完了です。

作成されたファイルを確認します。

ls -al
drwxr-xr-x  11 duca  staff     374  4 14 14:57 .
drwx------+ 43 duca  staff    1462  4 14 00:22 ..
-rwxr-xr-x@  1 duca  staff    2384  4 14 00:23 chget.sh
-rwxr-xr-x@  1 duca  staff   18361  4 14 14:47 gettv
-rw-r--r--   1 duca  staff  138029  4 14 16:09 gettv_1.xml

一番下に、xmlのファイルが生成されています。
("gettv_"の後ろに、チャンネル番号がついたxmlファイル)

中身を確認します。

less ./gettv_1.xml




        
                KBC
                1
                KBC
        
        
                お天気コンサート
                
                 
                Series
                ニュース
        
        
                とっても健康らんど
                
                 
                Series
                
        

※上のコマンドのファイル名は、生成されたファイル名に変えて実行してください。

xml形式で、番組情報が格納されているかを確認してください。

内容表示を閉じる場合は、

q

を入力すると、もとに戻ります。


★全チャンネルの取得スクリプトの編集

サンプルとして、「chget.sh」というファイルがあります。
ご自分の環境合わせ、設定すると1回の起動で
設定したチャンネルすべてを取得します。

編集の際は、プログラム開発で使えるエディターを利用してください。
(MACアプリの「テキストエディット」では編集できません!)
ベクター等からフリーのものをダウンロードできます
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/osx/writing/edit/

ちなみに、「gettv」、「chget.sh」は、UTF-8でエンコードされていますので
保存の際に他の文字コードに変更されると、正常に動きませんので、ご注意ください。

変更点の説明

1)実行パスの変更

sDir=~/Documents/ch2

書類の中のch2フォルダー以外に設置したばあい、設置したパスに変更してください。

2)取得したxmlファイルを消す処理(取得したファイル数分繰り返す)

if [ -f gettv_1.xml ]; then
        echo "gettv_1.xml 削除"
        rm gettv_1.xml
fi

この場合、「gettv_1.xml」というファイルを削除しています。
ご自分が取得したxmlファイル名に置き換えてください。
サンプルでは、7つのチャンネル別のxmlファイルを取得していますので
実行前に、すでにあるxmlファイルを削除しています。

3)gettvスクリプト実行(取得するチャンネル分繰り返す)

#       1       [1770] => 九州朝日放送 --------------------------------
./gettv -type tv -pref 40 -key 1770 -akey 1 -aname KBC
if [ -f gettv_1.xml ]; then
        open -a EyeTV ./gettv_1.xml
fi

※一桁目 # はコメントです。

<gettvの引数設定>
./gettv -type tv -pref 40 -key 1770 -akey 1 -aname KBC

-type 種別 tv , bs ,cs を設定してください。
-pref 地域番号 1〜47までの地域番号を設定してください。
-key チャンネル番号を設定してください。
-akey チャンネル番号の別名を設定してください。
-aname 局名の別名を設定してください。

<EyeTVへ取り込みの設定>
if [ -f gettv_1.xml ]; then
        open -a EyeTV ./gettv_1.xml
fi

gettvで生成された、ファイル名を指定してください。
上の例では、gettv_1.xml が生成されていれば、EyeTVに生成された
xmlを取り込んでいます。

これらの設定を、ご自分の地域の環境に合わせて編集してください。


★EyeTV側での設定(初回のみ)



chget.shにて、EyeTVに取り込みが終わったあと、EyeTV側で読み込んだXMLをチャンネルに割り当てする必要があります。



EyeTVの「チャンネル」を開き、登録されているチャンネルの「ガイド」をクリックすると「xmltv」が選択できますので

「xmltv」を選択すると、ウインドウが表示され、その中から割り当てるチャンネルガイドを選択し「割り当て」ボタンをクリックします。これを、登録した全チャンネル分繰り返します。

すでにmc2xml等で登録済みの方は、同じ局名がだぶって登録してあると思いますので

たぶん、一番下のものを選べばOKだと思います



この登録作業が終わると「番組ガイド」に、番組情報が表示されます。

しばらくすると、iPhone、iPadのアプリ側の番組ガイドも更新され、予約が可能になります


★自動実行

私の場合は、crontabというコマンドで自動実行させています。

ターミナルより

crontab -e
でエディタを起動して
i
を入力後
下記の1行を入力

0 6 * * * ~/Documents/ch2/chget.sh > /dev/null 2>&1

入力が終わったら
:wq

を入力すると、登録後、エディタが終了します。
この記述で、朝6時にスクリプトが自動実行されるようになります。
※パソコンをいつも起動している時間に設定してください。


mc2xmlが使えなくなったので、EyeTvの番組表が更新されなくなった!

mc2xmlコマンドが使えなくなったので、EyeTvの番組表が更新されなくなりました。

EyeTVの番組表更新を、mc2xmlでやっていたので非常に困った状態です。


このままでは、録画予約が出来なくなってしまうので

#えーぃ 自分で作っちゃえ!

ということで、早速プログラム作成に取りかかりました。

仕様的には、webに掲載されている番組表を
「地域」「種別(地デジ、BS、CS)」「チャンネル」を指定して
1週間分の番組表をGETして、今までのmc2xmlで作成された
xmlファイルに似せてファイルを生成し、EyeTVに自動取り込みしようと考えました。

とりあえず、エイ!ヤー! と がんばってお試し版を作成し
EyeTVに取り込んだところ、うまく番組表の更新ができるようになりました。

EyeTV 番組表

なんか、以前は番組表の背景色が
薄いオレンジだったけど、それが薄いグレーに変わってしまった・・・。
たぶん、ジャンルとかの設定項目が抜けているのだと思う。

#まあいいいか・・・



詳細を開くとこんな感じ

EyeTV 番組表
ジャンルが「料理」になっているが、気にしないで・・・。


まあ、こんな感じで番組表が復旧できました。

「予約を追加」で、予約したけど問題なく予約できた!

実行はcronに仕込んで、自動実行できるように
シェルスクリプトを作成




BathyScaphe こんな感じで、取得されます。

mc2xmlと違って、直接WEBの番組表からデータ取得するので、地デジのチャンネルすべて取得するのに
かなり時間がかかってしまいます。

まあ、しょうがないか・・・

プログラムを公開しようとおもうけど、テストなにもしてないので
一通り、検証してからアップの予定


公開しました
http://samandlinda.blogspot.jp/2012/04/eyetv-gettv.html

2012年4月4日水曜日

とくとくBBでradiko

 

Radiko jp

過去記事でもあるように
福岡の自宅から、神戸の会社にVPN(openvon)で接続し
radiko.jpへの接続パケットを、VPNを通じて神戸の会社経由で
神戸エリアとして、radikoを視聴していましたが
会社のフレッツのプロバイダーをOCNからとくとくBB(固定IP)に変更したところ
radikoのエリア判定が、東京エリアになってしまいました。

いままで、関西の「FM COCORO765」を聞いていましたが
東京エリアではどこをメインチャンネルで聞くか・・・。
東京エリアでは12チャンネル聞けるようなのでいろいろ
試してみたいと思います。

Radiko