2012年3月13日火曜日

PowerMateで、アプリケーションコントロール




EyeTv HDで撮りだめした映像のCMや、前後の不要部分をトリミングするのに
マウスや、キーボードの→キーを使って、フレーム選択を行っていましたが
微妙なフレーム調整ができずにいました。

そこで、ジョグダイヤルで作業ができないか調べていたところ
「Griffin Technology PowerMate」なるものを発見

いろいろWEBで調べたところ、専用のアプリで PowerMateのアクションを
細かく設定できるとの事で購入を決定

AmazonPrimeお急ぎ便にて、すぐに送ってきたので
早速iMacのUSBに装着しましたが、何も反応せず。

並行輸入品につきパッケージには、日本語マニュアルは一切ついていませんでしたので
WEBで検索すると、なにやらドライバーのインストールが必要とのことで
サイトからダウンロード&インストールしました。
簡単な、レクチャービデオがあったので、一通り見たら操作や設定方法がわかりました。
http://www.griffintechnology.com/support/powermate

設定方法は詳しく書きませんが、 下記の4つのアクション(トリガー)について
アプリケーションごとに設定ができます。

「通常プレス」
「長押しプレス」
「右回転」
「左回転」

映像カット編集で、「MPEG Streamclip」を使っているので
早速、アクション(トリガー設定)を登録してみました。

右回転で、「→矢印キー」
左回転で、「←矢印キー」

これで、微妙なフレームの選択が簡単にできるようになりました。

おすすめです!



Griffin Technology NA16029 PowerMate 【カスタマイズ可能なUSBマルチメディアコントローラー】 並行輸入品

0 件のコメント:

コメントを投稿