2012年1月27日金曜日

EyeTV キャプチャー後の変換を「RoadMovie」で

EyeTVを設置して、ひかりTVをきれいなハイビジョン(1920x1080)でキャプチャできるようになりました。
自分の目的としては、AppleTVでの視聴を目的としているので、このままでは再生できません。
なので、AppleTV向けに変換を行っています。いろんな変換ツールを試しましたが、
今のところ「LoadMovie」というMACアプリで変換を行っています。

http://www.bitfield.se/roadmovie/index.html

基本的に変換は、FFMPEGもしくはQuickTimeを使ってエンコードされるようで、
このソフトは、エンコーダーに対するフロントエンドプログラムのようです。
あらかじめ、目的に応じた複数のプリセットがありそこから選んでエンコードを開始する事になります。



プリセットのリストを見ると、「Turbo 264」のハードウエアエンコーディングも選択可能となっています。
あと、付加機能で、字幕ファイル(srt)の対応や、チャプターも付加できるので
お好みの設定で、書き出すことができます!


【出力のための設定画面】









0 件のコメント:

コメントを投稿