2012年1月5日木曜日

elgato turbo.264 HD software edithin


普段、家でのビデオ視聴は、iPad,AppleTVなどで行っていますので
手に入れた映像データを変換ソフトを使って、AppleTV向けに変換しておりました。

今まで使っていたものは
Any DVD Converterや、iSubtitle、Mpeg Streamclipなどを使って行っていましたが
変換元のファイルの形式によっては、変換がうまくいかず音声などが
途切れ途切れになったりすることもあり、失敗することも多々ありました。

また、先日発注した EyeTV HDで、キャプチャーした映像なども
iTunesに登録し、宅内でAirPlayでの視聴をしたいと思い
変換ソフトをいろいろ探していたところ、「elgato turbo.264 HD software edithin」
というものが、MAC App Storeにあることを知り(EyeTV HDと同じメーカ)
ダウンロードして試してみたところ、変換後の仕上がりや変換スピード等
すばらしいものでした。

iMac 27インチのi5モデルで変換してみたところ、cpu使用率 60%ほどで変換が行われ
変換スピードも変換元の形式にもよりますが、100fps〜160fps程度の早さで変換されます。

変換のやり方は、アプリのウインドウに、ファイルをドロップし
変換形式をリストから選びます。
私の場合は、AppleTV向けの解像度でかまわないので、「Apple TV」を選択して
開始ボタンを押すと、変換が開始します。変換について、細かな設定がある場合は
カスタムを選択し、自分の好みの変換設定を指定できます。

あと、簡易的なカット編集機能なども付いていますので、TV番組などのCMカットも
できそうです。

<メーカHP>
http://www.elgato.com/elgato/na/mainmenu/products/Turbo264HD-software/product1.en.html

本来、elgato turbo.264 HD という、USBタイプのハードウエアエンコーダーの製品に
バンドルしているソフトで、このソフトを単体で動くようにして発売したものと思われます。

ソフトだけでも、このような品質でエンコードしてくれるので
ハードウエアエンコーダーを使って、変換すればもっと激速なのかもしれません。









0 件のコメント:

コメントを投稿