2011年5月19日木曜日

Mac Bookのバッテリーを長持ちさせるために



Mac Bookのバッテリーを長持ちさせるためのアプリで「WATTS」というアプリがあります
MAC App Storeで検索すればでてくると思います。

私の場合MAC化したLenovo S10eにこのアプリを入れてバッテリーのキャリブレーションを行い
長持ちさせたいと思い、このアプリを導入してみました。


ダウンロードしたあと、起動するとメニューバーにWATTSのバッテリーアイコンが出てきます。
既存のバッテリーアイコンも出ているので、そちらの方はOFFにしました。

インストール後まずは、最初のキャリブレーションが行われます。
このキャリブレーションを定期的にやることで、バッテリー寿命を延ばすことができるみたいです。
iPhoneアプリでもこの手のものは、いっぱい出てますのでキャリブレーションについては
その辺の記事でお調べください。

キャリブレーションは、画面の指示に従い行っていきます。
全5ステップあります。growl通知がくるのでそれに従います。
指示画面は、メニューバーのバッテリアイコンをクリックすると、その下にメニューが出てきますので
「Calibration and More...」と書いてあるメニューを選択します。

そうするとキャリブレーションの指示画面が出てきますので、その指示に従い進めていきます。
(表示は英語です)


便利な機能として、コンセントの抜き差しのタイミングを通知してくれる機能があります。
バッテリー充電をしたままパソコンを使っていると、ついついプラグを抜くのを忘れがちです。
WATTSの通知設定で、適切にプラグを入れるタイミングと抜くタイミングをgrowlで通知してくれますので
大変便利です。
ローバッテリーのアラートなどいろんな通知が用意されています。


0 件のコメント:

コメントを投稿