2011年4月12日火曜日

Lenovo s10e のキーボード交換&メモリ増設




愛用のネットブック Lenovo s10e のキーボード交換&メモリ増設を
行いました。

最近メモリーが安くなった事と、日本語キーボードが慣れない
ため、思い切って、メモリ&キーボードのアップデートを行いました。

【メモリ】
標準でメモリーは、本体に512MBと、512MBのカードが1枚の構成で
合計1GBのメモリが搭載されています。

今回、2GBのメモリーカードを増設して、本体合わせて2.5GBに容量アップしたいと思います。

購入したメモリーは、CFDノートパソコン用 200pin PC2-5300(DDR2-677) DDR2 2GB D2N667CQ-2GLZJ
をアマゾンで2680円を購入

交換は、s10e の裏蓋のネジ本を緩めて、蓋をあけて
もともと装着してあった512MBのメモリと交換に、今回購入したメモリを取り付けました。

取り付けは非常に簡単!

元通り、裏蓋を閉めて電源投入
メモリの状態を確認

2GB DDR2 SDRAM 667MHZ OK と表示されて 認識OKとなっていました。

本体合わせ、合計で2.5GBを認識しています。
(windows XPでは、拡張分の2GBのみの認識になるそうです。)




増設して、文字入力時の変換のもたつきなどが解消されるなど
全般的に、アプリが非常にスムーズに動いてくれます。



【キーボード】
普段デスクトップでは、長年HHKBの無刻印キーボードを使っていて
US英語キーのレイアウトになっています。
JISキーボードと記号の位置などが微妙に違っていたので
今回キーボードもUS英語キーボードに置き換えしました。

取り付けは、WEBを参考にして取り替えたところ、非常に簡単に交換できました。
<参考>
http://thinkpadblog.blog96.fc2.com/blog-entry-665.html

日本語キーボードだと、刻印がごちゃごちゃしてたけど
英語キーボードになったら、シンプルですっきりになりました。
これで、ストレス無くキー入力が出来ます。




これで、当分現役として使えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿